TRIO+1 @Candy

c0186580_9331259.jpg

TRIO+1
Masa Ogura(Ds Perc) 佐藤浩一(Pf) 工藤精(B) + 西口明宏(Ts Ss)

@稲毛CANDY

でした。

昨夜は衛星ラジオ「ミュージック・バード」の収録がありました。エンジニアの春日さんありがとうございました。
6月頃の放送だそうです。どんな音で録られているのか楽しみです。

昨夜のセット・リスト

1st
El Viaje Del Alma(魂の旅)
The Fool(愚者)
Once Upon A Time In Xi'an
Fiasco(by P.Motian)

2nd
El Solitario(孤独者)
Voice Of Joy
Eclipse
Starting Over

新曲が2曲。

ベースがToddからこの夜は精さんになったことで、だいぶ趣が変わった。
熱く、重く、そして自由に展開するさすがのベース・プレイにはみんな触発された。
精さんと何度も共演できるというのは幸せです。

西口くんはワン・ホーンで伸び伸びと世界を広げてくれた。
的確すぎる音の配列と、そこを超えようとするときの対比が良いし、何より音楽に入り込む精神が好きだ。

浩一くんはまた一段ステップアップした感じ。
もうただ美しいという形容詞ではまとめきれない境地へ踏み出したような・・・
何度もこのまま延々とふたりで続けたいという衝動にかられた。
また濃密なるデュオを演りたい!

雨模様の中たくさんのお客様に来ていただきました。

あるお客様から
「シルクロードを旅してるような気がしました。昔ニューヨークにいたころジュリアードの人達がよくこういう演奏をしていたのを思い出しました。」
と言われました。

こういう言葉をいただくと本当にうれしいです。

昨夜のこのユニットを象徴する。

すべてのお客様と共演者にありがとう!


しかし

もっともっと濃密に

深遠な世界を創る・・・

そんなまだ見ぬ世界があるはずだ。

と信じて

まだまだ研ぎ澄ましていかなければと思う。


そんな世界を探すための場を与えてくれるCANDYにありがとう。

ではまた。
[PR]
by hardrum | 2012-03-18 09:57 | ライブ記
<< 初組み合わせでセロニアスでした Trio plays @インエフ >>