@セロニアス

Masa Ogura(Ds Perc) 山本昌広(As Ss) 福冨博(Gt)@東中野セロニアスでした。

オリジナルの他に完全フリーを2曲。

昌くんはもうプリミティヴ・ボックスで何度も共演、福冨くんも前月に続き・・・

しかしこの組み合わせは初。どうなるのかなと思うより、演ればわかるという感じでした。昌くんは彼のオリジナルをインエフで聴いたときからの印象なのですが、ピアニシモに独特の空気感があり、その香りが今夜のトリオに多くの色をつけていたと思います。

福冨くんはその音色の美しさと構築力の鋭さで曲を彩り、バッキングになっても風景の色を随時変化させる。完全フリーの中では、新しい彼の魅力が出ていたと思うのです。

今日のような演奏の場合、言葉で再現するのは難しいというか野暮。

一瞬一瞬の音の紡ぎが全体を動かし、揺らいでいく・・・

是非こういう音楽創造の場に立ち会って欲しいな~

と思うのです。

こういう探究心のある完成豊かな若者たちと音を創ることができるのは幸せなことだと感じます。

私自身はより方向が明確になってきたことを実感できるライブでしたよ。

そしてこういう表現の場を与えていただいているセロニアスにも感謝です。

ありがとうございました!
[PR]
by hardrum | 2012-03-29 02:32 | ライブ記
<< 奇遇 Candyでのライブ記が載りました。 >>