カテゴリ:雑記( 38 )

今年はシンプルなセットでスタート

c0186580_18451274.jpg
c0186580_18455883.jpg

[PR]
by hardrum | 2016-01-12 18:44 | 雑記

New Cymbal from US

c0186580_229124.jpg

前回シンバルをすべてジャック・ディジョネット・モデルにしたのですが、もう一枚アメリカから今日届きました。
ジャック・ディジョネット・アンコール・シリーズの20インチ・フラット・ライド。
実物にはシズルが3個ついています。(写真はカタログ用)

ちょっと試奏しましたが、想像以上に良い。

次回A.T.M.で使う予定です。

どのように良いかはライブで。
[PR]
by hardrum | 2013-04-26 22:12 | 雑記

最新のドラム・セット

c0186580_154823.jpg

グレッチの3点セットは同じ。

タム類バスドラの裏面にもコーテッドを装着しているが、実はスネアの裏もコーテッド・ディプロマット。これが独特のスネアサウンドを出す秘訣。

今回よりシンバルはライド、クラッシュ、ハイハットすべてをジャック・ディジョネット・モデルに。

スティックはヴィクファース5Aのピンク・フィニッシュ。ブラシはナイロン。

最近グレッチが熟成してきたようで、良い音を出し始めている。

ベル類はコンパクトにまとめて使いやすくセット。
[PR]
by hardrum | 2013-04-19 01:12 | 雑記

簡単なことだが

そこにある音を出して紡ぐ。


ただそれだけのこと。

しかし、ただそれだけのことがいつもいつもできるのか。



簡単なことなのだが・・・
[PR]
by hardrum | 2012-12-11 15:30 | 雑記

削る捨てる

ここ2回のライブ。ということは今年の最後の2回のライブだったわけだが、ここであらゆることを削ることを試みた。

ナーディスではパーカッションを大幅に減らして、それらに頼らずに表現できるか。

さらにキャンディではもっと減らし、ほぼ3点ドラムセットだけにして、そして奏法自体も削るようにした。

亡くなってから少し聴くのをやめていたモチアンをここ最近また聞き始めた影響もある。

モチアンに対しての新しい驚きや気づき。

それを求めることの難しさはもちろんだが、捨てたり削ったりできるかという自分の勇気というか明らめ(諦め)を持てるかどうか。

昨夜は少しモチアンに導かれた気がする。

来年からはライブは極力減らして密度の濃いもの、自身のやりたいことだけ、演りたい人とだけとのライブを試みます。

月に1、2度のペースで。

皆様ありがとうございました。

またよろしくお願いいたします。
[PR]
by hardrum | 2012-11-29 10:52 | 雑記

池田篤さんから

今日というか昨夜一通のメール

アルト奏者池田篤さんより

半年に及ぶ治療が終わり、10月よりゆっくりと復帰したと。

私との共演はもっと体力が戻ったら必ずとのことで、再会を楽しみにしているというメールでした。

うれしい。

ただ、ひたすらうれしい。

いつになろうとも再演できる日を待っている。

彼の本物の強さに感動を抑えきれない。

素晴らしい人です池田篤という人は。


明日というか今夜は稲毛CANDY

素晴らしきハクエイ・キムさんと初共演の山田譲さんとのトリオ。

池田篤とともに日本のアルト界の双璧というべきヤマジョーとの邂逅に期するものあり。
[PR]
by hardrum | 2012-11-19 01:03 | 雑記

お腹いっぱいの翌日は

昨夜のライブの後、Mさんが作ってきてくれたおいしい夕食をCandyママといただいた。

まるごとピーマンの肉詰めと和風ピクルスと煮物。

そしてママが炊いた白いご飯。

ハクエイさんも安ヵ川さんも堪能してました。(このふたりは開演前)

夜に白いご飯食べるの久しぶり!

で、

今日はそのカロリー消費のために、ジョギングの最高距離に挑戦。

そんなわけで、

19キロ走ったです。
[PR]
by hardrum | 2012-10-04 13:45 | 雑記

もしかして

もうジャズじゃないんじゃないのかな・・・


[PR]
by hardrum | 2012-06-28 21:08 | 雑記

ジョーと3人の男たち

昨夜はボクシング。

日本人同士の統一戦。その前に18年前の薬師寺と辰吉の試合が流れ、現在のふたりの対談も放映された。

あの時、あの試合は凄かった。試合も試合前も試合後もそしてその後のふたりの生き方を含めて・・・

昨夜のジョーの一言一言が胸に突き刺さる。現役時代、特に初期はその言動に賛否両論あり、そして後期はその無謀なまでの一途さに誰もが心を動かされた。

たぶん薬師寺も彼を見続けて、ある種の嫉妬を持ちながらも心を揺り動かされているのだと思う。

「弱い。」

と何度もつぶやくジョー。

だからまだ戦うのか。

その姿には誰も言葉を出せない。

とことん、彼が燃え尽きるまでやらせるしかないんだろうな。

そして、現在の試合が始まり、これも壮絶なものとなった。

誰もが途中から八重樫の背中を押した。

なぜ、こんなに頑張るんだ。どこにその力があるんだ。

と、井岡は怯えたに違いない。

しかし、その怯えを克服した井岡はやはりただ者じゃない。

そう、あの時の薬師寺と同じ。

ありがとう。

本物の男たちに乾杯。
[PR]
by hardrum | 2012-06-21 18:02 | 雑記

おっとっと

また嵐を呼んでしまってるみたいだ。

なんで?

ま、そんな中来ていただけたら幸せです。

今夜ソロです。

ピアノソロでもなく、ギターソロでもなく、サックスソロでもない。

ドラム・パーカッション・ソロ(ちょっと違うこと演るかも)

よろしくです。
[PR]
by hardrum | 2012-06-19 02:39 | 雑記